マンション売った時、損失が出て税金に関する法律に詳しい税理士に相談し確定申告で税金がただになったという話です。

税金と経理ことなら何でも相談できる税理士
TOPICS
税金と経理ことなら何でも相談できる税理士

損失が出たときの税金に関する法律について相談できる税理士

新しいマンションを購入するときに以前住んでいたマンションを売ってそれを頭金にする予定でした。ところが、1900万で売りに出したのですが、1700万ほどでしか売れず、減価償却した分を差し引いても損失が出てしまいました。

損失が出た場合、確定申告をすれば、少し税金が安くなると聞いていたので、地元で無料の税理士による相談会が開かれたとき、相談に行きました。相談にのってくれたのは若い女性の税理士さんでした。私は税金に関する法律は何も分からなかったのですが、その税理士さんは親切に確定申告の仕方などを教えてくれました。

そして、その年、無事確定申告を済ませることが出来ました。マンションを売って損失が出てること、また新しいマンションを購入したことなどで、その年の源泉徴収されていた70万ほどが全額還付されました。そして、損失が繰り越せるということで次の年、さらに次の年まで住民税がただになりました。損失を出したということで、住民税もただにする法律があったようです。損失を出したのは残念でしたが、税金がただになったり、還付されたりして少しだけほっとしました。あのとき相談にのってくれた税理士さんには本当に感謝しています。

注目のキーワード



Copyright(c) 2018 税金と経理ことなら何でも相談できる税理士 All Rights Reserved.